読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

趣味「物件探し」が楽しすぎる件

f:id:ddss_msv:20170426001042p:plain

どうも、ジョンです!

学生のころに京都で一人暮らしをしていて、いまは実家。実家はお風呂も広いし、設備もしっかりしているのですが、一人暮らしの不便なりに楽しい空間を思い出して、戻りたいと思わずにはいられません。

そんなときに眺めるのが物件情報!実は物件情報を眺めるのが趣味という人もいるくらい、楽しいんですよ!

 

 

リアルに引っ越すことを想定してみる

もっとオタクイベントの多いところに行きたいので、場所は東京や大阪。家賃は◯万円まで出せて、風呂トイレは別の方がいいけどユニットでも可……

 

こういった条件を設定して、本気の部屋探しを始めます。僕がよく使うサイトはSUUMOです。

suumo.jp

これが楽しくないわけがない。「ここに住んだら、このインテリアはこう設置して、普段の買い物はこのスーパーだなあ」とか色々思いを馳せるわけです。引っ越さないけど。

 

本当の引っ越しだと、生活がかかっているので必死な分楽しむ余裕もあんまりなかったり、かえって視野が狭くなってしまったりします。一方、趣味だとそういうこともありません。

 

いざ本当の引っ越しをしようと思い立ったときも、色んな物件情報のストックがあるので、役立つこと間違い無しです。

 

変化をつける

グレードをあげる

リアルな検索だとけっこう似たり寄ったりな物件ばかりになってしまいます。そこで思い切って家賃やオプションをマシマシにして、変化をつけましょう。

たとえば独立洗面台をつけたり、コンロを2口以上にしたり、築年数を新しくしたり、駅近にしたり……いくらでも追加したいオプションはあるはず。ちょっとお家賃増すだけで、けっこう生活のグレードがあがるので、もっと稼ごうというモチベーションにもなります。

田舎に住んでみる

基本的に都市部に引っ越したいのですが、あえて田舎にいってみるのもアリ。田舎は家賃が安いので、同じ家賃でも部屋のグレードがグググッとあがってきます。

物件探しとは少し離れますが、地方は移住を支援するために助成金などがもらえる場所もあります。ネットさえあれば仕事できる人とかは、そういうメリットが享受できる田舎生活を思い描いてみるのも一興です。

シェアを想定する

仲のいい友人とシェアするという仮定もアリです。一人暮らしという前提は崩れてしまいますが、家族とは違う人間と住むというのはまた違う生活になるはず。

安い家賃でグレードの高い物件に住めるので、わりと増えてきている選択肢らしいです。特に都会は家賃がバカになりませんしね。

 

小賢しい物件も見つけられる

これは余談なのですが、検索しているとたまに家賃設定を間違えたのかなって物件が出てきます。たとえば他の部屋は5.8万円なのに、0.58万円になっているなど。

間違いならかわいいものですが、たいてい物件を検索すると「家賃が安い順」にソートされるので、小細工をしてトップに表示しようという魂胆なのです。小賢しい!

さらに条件の良すぎる物件も釣り物件という可能性が大いにあります。趣味で見ているときは困らないのですが、本当に探している人にとっては鬱陶しい限りです。

 

ちなみにネットには載っていない物件を不動産会社はけっこう抱えてるそうで、実際探す時に一番良いのは信頼できるツテで紹介してもらうことかもしれませんね。

 

キミだけの物件を見つけてくれ!

この趣味の利点は(ネット通信料などを除けば)無料なところ!しかも、もしかしたら役立つかもしれない。まあ趣味なんで楽しければそれでよし!休みが暇だわーって人は試してみてください。

 

それでは!