読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に。24歳無職が日々気になったことなどを書いています。

MENU

 

おすすめのウェブラジオ(アニラジ)紹介

好きなもの

ラジオ遍歴

 

f:id:ddss_msv:20150911015551j:plain

受験期

大学受験の勉強をするとき始める時間を習慣化するためにやっていたことがある。それはラジオを聞くこと。FM OSAKAの音楽番組を聞いていたのだが、やはり勉強はめんどくさいもの。気付けばプッシュされてる曲を全部覚えてしまい無駄にその当時の流行音楽に詳しくなっただけに終わった。その後BGMはYouTubeのθ波潜在能力開発とかいう怪しいものを使うことで、ラジオよりは集中できるようになったということがある。

大学生活期

その後大学生活後半になってまたもやラジオに関わりを持つこととなる。花澤香菜にドハマりしてしまった私は超A&G+というネットラジオで放送される「花澤香菜のひとりでできるかな?」を始めとして、様々なアニラジや声優ラジを聞きはじめたのである。ちなみに大半のラジオはファンでも無ければあまり楽しめないタイプのものが多い。一方で同局の「矢作・佐倉のちょっとお時間よろしいですか」は二人のファンでなくても結構楽しめる面白いトーク番組になっているのでおすすめだ。

現在

なんやかんやでラジオを聞く習慣も薄れて今に至る。原因としてはネット世代である私は放送の時間に合わせることが難しい。テレビなら録画しておけば良いが、ラジオとなるとそうもいかない。結果聞き逃すことも多いのだ。しかしそんな私でも聞き逃さないラジオがある。ウェブラジオだ。ウェブラジオの場合は大抵配信開始から一週間のうちであればいつでも聞けるし、ものによってはバックナンバーとして長期間聞けるようになっているものもある。私は特にアニラジ系のウェブラジオを聞く。というかそれ以外はほとんど知りません。

 

おすすめのウェブラジオ 

f:id:ddss_msv:20150911020038j:plain

下ネタという概念が存在しない退屈なラジオ

いま最も熱いアニラジは、アニメ「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」のラジオ「下ネタという概念が存在しない退屈なラジオ」である。

下ネタという概念が存在しない……というフレーズを額面通り受け取るならお堅い感じもするが、当然下ネタとタイトルにあるものは下ネタを含むというのがお約束である。

というわけで作品は下ネタに溢れておりそのラジオである本ラジオも徹頭徹尾下ネタに溢れている。キャストは声優の小林祐介石上静香のお二人。回を追うごとに、小林さんが石上さんに対し下の名前で呼ぶなど赤面させるやりとりが定番化していている。

実は前述の花澤香菜が出ているアニラジで「デュララジ」というものがある。これも花澤さんが同じく声優の豊永利行に甘いセリフを吐かれて赤面する流れが定番化している。デュララジが先なのでこの流れを受けて一部では「汚いデュララジ」と呼ばれているとかいないとか。

アニメイトTVにて毎週木曜日更新。

 

浅沼晋太郎鷲崎健の「思春期が終わりません」

もう一つご紹介。「浅沼晋太郎鷲崎健の『思春期が終わりません』」

これはアニラジではなく、脚本演出声優などなどを手がける浅沼晋太郎とミュージシャンや司会などなどを手がける鷲崎健の二人が、思春期をテーマにした企画や雑談をするウェブラジオだ。といっても何かゆるく企画もふわっとしたゆるふわラジオで、笑える深夜ラジオを聞いてるかのような気持ちになる。響ラジオステーション内でもメールが大量に届く番組で、担当のスタッフがメールをプリントアウトしすぎて怒られているらしい。現在、少し減ってしまったメール量を戻すべく尋常じゃない量のコーナーを抱えているので、メールで参加してみるのもいいかも。

響-Hibiki Radio Station-にて隔週水曜日更新。

 

おわりに

ラジオという媒体はネットと相性が良く、スマホさえあればいわゆる普通のラジオもネットラジオもウェブラジオも聞ける。基本聞くというスタンスなので手元で作業するにも向いている。テレビよりもキテるメディアはラジオなのかも知れない。