読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

MENU

 

友人がカフェーを始めたので行ってみた

どうも、ジョンです!

 

インドアが行き過ぎている自分にとって珍しいことに、カフェ―に行ってきました。

というのも友人がスペースを借りて営業しているので、一度は顔を出さねばという気持ちがあったからです。いやあ実に情が深い(?)。

 

 

 

コーヒーの味

f:id:ddss_msv:20160409132944j:plain

豆を挽いてペーパードリップしてくれました。

これは……甘い!「これ砂糖入ってる?」と問うたくらいには甘いです。

エチオピア産の豆が云々って話でしたが、その辺は僕が勉強不足なのでわかりません。

果実っぽくて、紅茶っぽいということなのでサードウェーブコーヒーってことになるんでしょうか?

 

個人的にはミルは電動だったのが味気ないのと、カップの厚み。ついでに「本当はアイスの方がおもしろいけど、めんどくさかった」という手抜きの友人がマイナスポイントです。働け。

 

スコーンもあったので、紅茶みたいなコーヒーと合わせて似非アフタヌーンティーごっこができるかななんて思ったりも。

 

地元のお母様たちがごきげんでらっしゃったし、思ったよりハケが早いとのことで盛況なようでした。

 

f:id:ddss_msv:20160409135517j:plain

 

ここで宣伝の一つでもすればいいのかもしれませんが、しません。個人のSNSでは宣伝したのでそれで許してつかあさい。

 

レールから外れる

この友人、実は理学療法士になる予定でした。そのための学校も通ってましたしね。しかし途中で「これ、やりたいことじゃない」と気付いてしまったらしく、今では別の道を選びました。

僕も意図せずとはいえレールを外れた身です。従って、思うところがなくもありません。

 

レールから外れると色々言われるものです。説教されることもあれば、応援されることも。中には耳が痛いけれども一考の価値がある意見だってあります。しかし僕を含めて「自分の道を行く」人は何をするにも自分で判断しなければならないため、自分の意見を過剰に評価してしまうきらいがあると思うのです。

自分で決めるといえば聞こえはいいのですが、ただのわがままですからね。

 

レールだろうがなかろうが、どちらにも理があるものです。が、ことレール外の人は自分で自分を正当化しなければならないため、人の意見に耳を傾けられないような気がします。あくまで個人的な経験からですが。

 

そこに、最も気をつけなければならないのではないでしょうか。

 

理想のカフェ―

ここで一転、自分の通いたくなる理想的なカフェ―を考えてみましょう。

  • コーヒーが安い

高いと通えません。千円近いコーヒーがラインナップにあってもいいんです。ただ安いコーヒーもあって欲しいですよね。ただドトールかサンマルクカフェくらいしか満たしてくれない現実。

  • 入店しやすい雰囲気

いかにも格調高い喫茶店や、おしゃれなカフェーは自分のテリトリーにさえなれば良いものです。が、アンチオシャレな個人がすっと入れる懐の広さがないと、そもそも行きつけにすらできません。ん?僕がオシャレになればいいのか、なるほど。

  • 電源とWi-Fi

理想を言うのはタダです。正直この二つさえあればひねもす行けます。

  • 椅子とテーブルが作業しやすい

めちゃくちゃやわらかいソファやら、やけに低いテーブルは要りません。個人的に「そこまでリラックスするなら帰る」派なので、普通の高さの椅子と気持ち広めのデスクがあればいいですね。

 

ん、挙げてみたら平々凡々な意見ですね。

まだまだカフェーに通い慣れてない証拠でしょう。

資金があればカフェ―巡りを敢行したいと思います。

 

では!