読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

大学を卒業したのにそれっぽいことすら言えない記事

寒の戻りすら乗り越えて、いよいよ春めいた気候になってきた。

年度の移り変わりでもある今は、年の節目より多くの変化が起きる。

私はありがたいことに単位が足りていたため、晴れて学士の称号を賜り、キャンパスライフから退くこととなった。

 

退いたのは良いが進む道がない。この話はいずれまた。

 

さて4年間も大学に通ったはいいものの、後輩諸君に述べられるような言葉は特に無い。

私の後悔が君にとっての後悔になるとは言えないし、私の良き思い出が君にとっても良いものとはいえないからだ。

とはいえ感想くらいは残そうと思う。

 

大学は自発的に行動する場所であったと思う。

行動しなくても誰からも非難されないが、その怠惰は着実に己を蝕む。

逆に何かしようと思えば、それを支える環境がある。

私は生来持ち合わせた怠惰に食われ、学生時代に何事も為さなかった。

それを悔やまないと言えば嘘になる。

少なくとも免許くらいとってよかった。

キャンパスライフは輝かしいものに思えるが、

その実輝かせるのは自分であるという事実を忘れてはいけない。

 

そんな後悔に溢れた大学生活も、なんだか愛おしいものに思えてくる。

いまだキャンパスライフを謳歌せしめんとする君は、

卒業を迎えた時、多くを語れるよう願う。

 

最後に月並みではあるが、支えてくれたすべての人に感謝を。