Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

【感想】Kindle for PCを使ってみた

※追記

Kindle for Macも出ています

 

Kindle for PC(Windows)が日本でもサービスを開始しました。

今までPCにはKindle Cloud Readerがありましたが、

使い勝手が悪く、対応していないコンテンツもあったため、

今回のPC版を待ち望んでいた人も多いことでしょう。

 

なお、対応しているのはOS Windows7以上。

 

使ってみる

ダウンロードしたEXEファイルを開くと、勝手に進んでこの画面が開きます。

f:id:ddss_msv:20150123002328p:plain

 

サインインが完了すると、自分の購入しているコンテンツ一覧が表示されます。

後はダブルクリックでPCにダウンロードして開くだけ!

f:id:ddss_msv:20150123002716p:plain

 

今回は漫画「聲の形」を開いてみました。

マウスのホイールや画面グレー部分をクリック、もしくは方向キーで操作ができます。

f:id:ddss_msv:20150123002937p:plain

 

しかしこのまま漫画を読もうとすると、つねに1Pずつの表示になってしまうので……

漫画を読む際は「見開きモードをON」にしましょう。

 

f:id:ddss_msv:20150123003618j:plain

 

目次も見れますね

f:id:ddss_msv:20150123004405p:plain

 

今度はフルスクリーンモードをONにしました。

(見開きモードボタンの右、拡大縮小の隣のボタンです)

f:id:ddss_msv:20150123003751p:plain

 

当然ですが、活字コンテンツも読めます。

今回開いているのは「探偵の探偵」

他のKindleアプリ同様、背景の色やサイズを変更できます。

明朝体などは選べないようですが、明るさを指定することができます。

f:id:ddss_msv:20150123004425p:plain

 

やはり大画面は正義

読んでみた結果として、予想通り漫画はかなり読みやすいですね。

しかしPCなので読める姿勢などは、タブレットと比較すると限定されてしまいます。

ページ送りですが、方向キーでワンテンポ遅れる感覚があります。

と言ってもタブレットでタップするくらいの感覚なので、大きな問題では無いかと思われます。

 

一方活字ですが、字が大きく見やすいのはいいのですが、

モニタサイズが大きいと、視線の動きが大きくなりすぎて読みにくい印象です。

やはりこれは、KindlePaperwhiteなどの電子書籍リーダーに軍配があがります。

 

とはいえ、読める端末が増えるのは喜ばしいことです。

端末の種類それぞれに最適な読み方があるので、

なにはともあれ使ってみることをおすすめします。

今回は特に、タブレットをお持ち出ない方は、

漫画を見開きで読むチャンスなので是非一度お試しください。