Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

「仕方ない」って思える人間はすごい

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

5年後の自分は以下に綴った文章を「こんなこと思ってたのかよwwwアホらしwww」と思えてる人間になっていてください。

 

 

この世にはしたくないことでも仕方ないから、すべきことだからという理由で物事に取り組んでいる人たちが大勢いらっしゃいます。例を挙げるまでもないのですが、代表的なものだと仕事。みんな会社に行きたくないのに行ってるし、そもそも就職活動もちゃんとしてましたよね。

一方、自分はというと就職活動も身を入れられませんでした。結果の就職がまったくやりたくないことなので、それを得るために活動ができなかったんです。ニートになった今、お小遣い程度の仕事を実はやったりもしてるんですが、納期を見越してスケジュール通りに進行することがもうできない。

こんなことを言ってると、仕事なんだからちゃんとやれと思われるでしょうし、僕も思うんです。ただ心からしなきゃいけないと思えない。もちろん仕事をちゃんとこなせている方からすると「仕事だから」という以前に、働いて稼がないと食べられないし家賃も払えないじゃんとなると思うんです。僕もそう思います。が、やっぱり心からの絶対ではない。

わかります。お前は追い込まれてないから、働くか死ぬかの二択になってないから、そんな呑気なことが言えるんだという意見もあるでしょう。ただ「会社行きたくねー!→でも行く」の人がそんな二択に追い込まれてるとは到底思えない。そこでやはり、思うんです。仕方ない、しなきゃいけないと思えてる人って強いな、と。

 

 

広告を非表示にする