Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

三大時間を食い潰すもの(自分調べ)※個人の感想です

寝る前だとか起きた時に考えてた理想のスケジュールが気付いたら全くこなしてない上もう寝る時間だし何かしてたはずが達成感より徒労感が強い……そんな経験はありませんか?え、ないんですか?私にはあります、ごめんなさい。

 

f:id:ddss_msv:20150824012837j:plain

 

おそらく世の出来る紳士淑女の皆さんは、脳内スケジュールやシステム手帳、カレンダーアプリ、リマインダー、その他諸々を自由自在に使いこなし限られた時間というリソースを最大限に活かし、怠惰に甘んじることなく日々を有意義に過ごしていらっしゃることと存じます。

しかし英語の辞書を開けば真っ先にlazyが出てきてしまうような、手帳を買ったはいいものの3日開けばいい方で今となってはもうどこにあるかもわからないような、作業よりも休憩の方がはるかに長いような人間もこの世には居ます。

 

そんな人間は別にそうなりたくてなってるわけじゃないんです、多分。気付けば日が暮れてるとか、気付けば食べ過ぎてるとか、気付けば……という具合に色々気付くのが遅いんです。だからスケジュールとかリマインダーとかあるだろって言われても、それを書いたりするのがそもそもタスクとして存在しているのでタスクを書くためのタスクが必要になるって思いません?思いますよね。思ってください。

ってなわけで個人的な「これのせいで時間無駄にしがち」ということをちょっと考えてみることにしました。

 

1.マインクラフト

何を隠そう今日もこれで優に4時間は無駄にしました。

マインクラフトを知らないって方に向けて簡単に説明すると、パソコンの中にちょっとした世界を作ってその中で農林業したり採掘したり冒険したり建築したりするゲームです。ゲームの中に住むのがゲーム的な感じですね。ちょっと違うか。

まあなにせ自由度が高い。言い換えれば目的が無い。王道RPGだと小さいおつかいあって各所にボスがいて、最終目標としてのラスボスがいるわけです。そんなゲーム内指示が無いので、切れ目が見つからずともすれば無限にやってしまいます。

私も地下を黙々と掘ったかと思えば、国道(脳内設定)を敷いたりして、ちょっとやること思いつかないなとかよぎったと思いきや急に木を大量に燃やして山火事を起こしてみたりしていたわけです。一つ一つがなんせ手間なので4時間使いました。4時間使った結果襲い来る「何をやってたんだ」感は異常。

 

2.ソシャゲ

パズドラを始めとしてモンストやスクフェス、白プロに消滅都市、他色々ありますね。かなり浸透しているためスマホを開けばソシャゲなんて人も少なくないのではないでしょうか。

私も有名所はちょっと齧ってはやめ、齧ってはやめを繰り返しています。現在進行形なのは消滅都市です。\アイミッシュベイベー/

「ソシャゲはスタミナ制限があるから何時間もやり続けないでしょ」という意見もあるでしょう。確かにごく序盤を除けば数プレイでスタミナ切れとなり課金要素無しには即時再開できません。しかしソシャゲはその徒労感の凄さが段違いだと私は感じています。無課金ならばリセマラ(リセットマラソンの略。ゲーム開始時に引けるガチャで強キャラが引けるまで何度もリセットすること)必須でプレイ開始後もスタミナ回復時間に縛られた生活を余儀なくされます。時間が無駄になっている感すごくないですか?その割に得られたものなくないですか?(個人の感想です)課金もガチャは必ず良いものが引けるとは限らずコストパフォーマンスが悪い。全くの無駄です(個人の感想です)。

 

3.謎の暇つぶしゲーム達

スマホが普及して無料の暇つぶしゲームもその勢力を拡大してきました。今もアプリのランキングを見れば一つは見つかるはずです。そして暇な時はきっとそれをインストールするのでしょう。暇つぶしゲームですからしばらくは時間を忘れてプレイし、本来暇にするはずじゃなかった時間まで潰されている現実に私達は気付くべきです。どう考えても自制心の無い自分が悪い。

 

思えばこれにほとんど時間を食い潰されています。しかもよく考えたらこれ全部ゲーム。やっぱりゲームは規制されなくちゃいけないんだ?!いやどう考えても本人次第でしょ。

そんなわけで皆さんもつい時間を無駄にしちゃってること、教えてください。