Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

自立について

「自立した人間にならなければならない」とほとんどの人は思っているだろう。

私もそう思う。


辞書通りの意味で、私たちは個人の力で何事も成し遂げなければならないような気がしている。

しかし実際のところ、人を頼らない人間は自立しているとは思われず、

むしろ、コミュニケーション能力が不足している、コミュニケーションを取ろうとしていないなどと、しばしば考えられがちだ。

 

人間は群れないと基本的に生きていけない。

ならば、私たちは自立すべきか?

答えは、自立すべきであると私は思う。

 

自立とは、何でも自分だけでやるぼっちではない。

自己の確立だ。

他者に依存しない、確固たる「自分」を持つことを指す。

自立した人間は、他者と協力することを厭わないはずだし、

他者によって自己を曲げられることがないはずだ。

 

世の中には自立した人間は案外少ないように思う。

年だけ取った他者依存症の人間は多い。

私もまだまだ自立できずに居る。

何事にも依存しない強い精神をもって、人生を歩みたいと説に願う。