読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に。24歳無職が日々気になったことなどを書いています。

MENU

 

結局Amazonの話してる…… (プライムビデオ、Amazon Stundet)

好きなもの

ジョン(@ddss_msv)です。

 

今更ながらプライムビデオの記事でも書こうか……とも思ったが、なんでアフィもやってないのに役に立つ媚びた記事を書かなきゃならんのか。そんな考えが支配的になったのでプライムビデオの記事はお蔵入りである。

その代わり「誰が興味あんねん!」という自分語りでも書こう。

 

近況トーク!(花澤香菜のひとりでできるかな?風に)

 

自動車免許を取得してからというもの引きこもり具合がひどい。一般的に外に出る理由がない人ってどのくらい外出するものなんだろうか。自分の場合パソコンさえあれば色々なんとかなっちゃうので、部屋にこもりっきりなことが多い。それに人と遊ぶタイプでもないし、遊ぶ金もない。

 

まあ社会的要請の観点から考えれば大人しく(遅すぎるけど)就職活動して、まっとうに働いてくれといったところか。正社員じゃなくてもいいからとにかく労働するのが、正しい人のありようだろう。だが私は働きたくない。

そういえばこの前ネプリーグというテレビ番組で、18〜20代の人へのアンケート「できれば働きたくない」の結果が私の中の予想を遥かに裏切って、3割を切っていた。

これマジ?

どういう聞き方をしたのかは不明だが、できれば働きたくないYESorNOの場合って何をするにも働かなくてOKだったらという前提で考えるわけだ。なのに働きたいって人は心からすごいなって思うと同時に、絶対7割も居ないでしょ。そんなに働きたい人いるなら労働の部分はあげるから報酬の部分くださいよ。

 

近況の話とか引きこもりの話とかしちゃうとプライムビデオの話は避けられない。

 

Amazonプライムビデオのことを知らないって人はどのくらいいるだろう。元々Amazonビデオというサービスがあって、映画なりなんなりをデータとして購入したりレンタルしたりするもの。プライムビデオはその映画なりドラマの一部タイトルがAmazonプライム会員限定で見放題になるサービスである。

 

このサービスが始まったという話は知っていたのものの、年会費3,900円を支払ってまでプライム会員になるほどかなと感じていた。プライム会員の特典はAmazonヘビーユーザーでないとあまり恩恵を感じられないからである。

 

しかし色々見ていると自分がまだ「Amazon Student」会員であることが発覚する。*1このAmazon Studentとはその名の通り学生だけがなれる会員制度で、書籍にポイントがついたり日用品が安くなったりする。(基本的にはAmazon Student有料会員はAmazonプライム会員の上位互換と思ってもらっていい。例外的にキャンペーンなどでStudentが除外される例もある。話を簡単にするためにStudent有料会員もプライムと呼称する)

 

実はAmazon Stundentだとプライム年会費は1,900円になる。

月割計算すると1,900円/12ヶ月=約158円/月

 

こりゃ安すぎるぞってことで入会したのがプライムビデオという沼への入口だった。

 

huluやNetflix、dTVなど映像の見放題サービスは最近アツい。そこで単純にAmazonプライムビデオをこれらと比較する動きもあるが、それには賛成しかねる。

 

どう考えてもプライムビデオは他のサービスと比べて作品数が少ない。AmazonプライムビデオはAmazonプライム会員の特典であるため、プライム会員のありがたみを増やすためだけの、以上でも以下でもないサービスだからだ。

そのためビデオ見放題って聞いたから会員になったのに!みたいな人には不満かもしれないが、プライム会員の価値を高めるという役割はしっかり果たしている。

 

そんなこんなで作品数は多くないが面白い作品もそこそこある。詳しくは軽くググッてもらえればいくらでも出てくる。

私が見ているのはアメリカドラマの「ホワイトカラー」や「仮面ライダー電王」など。見すぎて寝不足だ。結構面白いし今見終わった分だけで相当元は取れてる。

ちなみにバラエティ番組「ゴッドタン」も配信されていて、伝説のキス我慢選手権なんかも見れる。ただ権利関係なのか番組の一部がなかったりエピソードが飛び飛びになったりはするので注意。

あと何故かAKB48の作品が驚くほど大量に見れるようになっている。自分もちょっとだけ覗いてみたが知らない子が多すぎて絶望した。ただやっぱりかわいい子多いわ。悔しい。

 

そんなわけで、プライムビデオで見るものを漁り続けた結果引きこもりを助長してしまった。終わりの見えない「し放題」系サービスには気をつけて欲しい。

 

最後に、学生なのにAmazonStudentになってないという方は、

http://www.amazon.co.jp/gp/student/signup/info?ie=UTF8&refcust=ELP336FZUBOQWRUFJSOJAX4UF4&ref_type=generic&ref=amzn_st_jp_ref_generic

このリンクから登録していただきたい。これはAmazonStundet紹介プログラムで、

 

私が1000円もらえます。1000円ください。

 

紹介された側にも何かあったっけな……

 

ちなみに、すでにAmazonプライム会員になっている方は紹介経由でStudentになってもカウントされない。また、無料体験期間ではプライムビデオは視聴できず、紹介プログラムも無効である。

 

おわり

*1:実際は無料期間が終わってStudentとしての有効期間だけが生きている状態。会費は発生しておらず特典もない