読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

I'm Feeling Luckyの真の使い方とは?

どうも、ジョンです!

みなさんGoogleって使ってますか?使ってますよね?

さて検索エンジン界で圧倒的なシェアを誇るGoogleのトップページは、こんな感じになっています↓

f:id:ddss_msv:20170318232914p:plain

ここに文字を打ち込んで、検索を押すと検索結果が表示されるわけですが、この「I'm Feeling Lucky」は使ったこと無い人も多いのではないでしょうか?

今回は「I'm Feeling Lucky」の説明と、真の使い方をお届けします。

 

 

I'm Feeling Luckyの機能

WikipediaでI'm Feeling Lucky

I'm Feeling Luckyを押すとどうなるのか。それは「検索結果のトップにくるページに直接飛ぶ」です。

試しに「Wikipedia」で「I'm Feeling Lucky」を試すと、Wikipediaのトップページに遷移したと思います。

検索結果は

f:id:ddss_msv:20170318233655p:plain

こうなっているので、WikipediaでI'm Feeling Luckyを試すと「https://ja.wikipedia.org/」に飛ぶというわけです。

 

検索窓に入力しないと……?

では検索窓を空欄にしたままI'm Feeling Luckyを押すとどうなるのでしょう?

正解は「Doodleのページに飛ぶ」です。

つまりhttps://www.google.com/doodlesに飛びます。ここにはいままでのDoodle(記念日などに変化する特別なGoogleロゴのこと)が日本以外も含めて網羅されており、ものによっては解説もついていたりします。ただし英語。

 

I'm Feeling Luckyはどういうときに使う?

「トップにくるものがわかっている定番のサイトに使う」という声もありますが、筆者はそうは思いません。だって定番のサイトとかブックマークに入ってますし、そもそも最近はトップページで検索するよりもアドレスバーから直接検索する方が多いように感じます。

 

では、I'm Feeling Luckyとはどう使うのか?筆者の答えは福袋です。

 

どういうことかと言いますと、例えば「ニート 楽しい」と検索したときトップにくるページなんてたぶんほとんどの人が知らないと思います。ちなみに「ニートだけど人生楽しい奴集合!wwww」というまとめサイトに飛びました。

 

私たちは検索結果一覧ページを見ると、見たいページかそうではないかを無意識により分けています。しかしI'm Feeling Luckyは直接、飛んでしまうので何が表示されるかわかりません。一種のギャンブル的要素、福袋的感覚があるわけです。

こんな風に思いがけないページに飛んで、自分では見なかったかもしれないサイトに出会うことができる。これがI'm Feeling Luckyなのではないでしょうか。

 

I'm Feeling Luckyを押す前にページが切り替わってしまう

これはGoogleのインスタント検索という機能で、文字入力途中でも検索結果を表示してくれます。しかしこれではI'm Feeling Luckyが押せません。

そんなときは右下の(検索結果ページでは検索窓の下にある)設定>検索設定で、インスタント検索をオフにしてください。これで自動的に切り替わってしまう現象を防げます。

 

I'm Feeling Luckyを使ってみよう!

普段気付いたら同じページばかり見てる……なんて人におすすめの機能です!

ちなみにこのブログのタイトル「Unread」で検索すると……

f:id:ddss_msv:20170318235059p:plain

unreadの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

こうなりました。なおこのブログのタイトルに込めた意味は「あなたがまだ読んでいないブログがここにありますよ(はやく既読にしましょう)」だったわけですが、皮肉にも「学のない人」に通じてしまいました。精進します。

 

それでは!