Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

ギターアンプで音楽を聞いてみたらこうなった

f:id:ddss_msv:20161228193842j:plain

どうも、ジョンです!

突然ですが僕は、中学のころにアコースティックギターを買って(弾けない)、

高校でバイトしてエレキギターを買い(弾けない)、

大学では軽音サークルに入っていた(3ヶ月でやめた)という経歴を持っています。

 

なので家にはギターの一式があるわけなんですが、最近はもうまったく触れていません。これでは流石にもったいない感じがします。

 

そこで唐突に「ギターアンプで音楽鳴らしたら、実は良い音で鳴るんじゃないか?」と思い立ってしまったのが先日。

ついでに思っただけではなく実際に行動してみました。この行動力別のところに活かしたい。

 

ちなみにこの思いつき。完全に失敗であったことを先に述べておきます。

 

 

用意するもの

さて、必要なのは

  • ギターアンプ
  • 音楽プレイヤー(今回はPC)
  • ケーブル
  • ステレオミニプラグ⇔ステレオ標準プラグの変換プラグ

こんな感じです。ステレオミニプラグっていうのは一般的なイヤホンの先っぽで、標準はその太いバージョンだと思ってください。

 

実際の音源(iPhone直撮り)

さて実際にやってみた音源がこちら。

今回は夢みるアドレセンスの新曲「アイドルレース」*1を流してみました。

youtu.be

 

youtu.be

 

いかがでしょうか。

え?ギターアンプも案外悪くないかも?

……うん、まあiPhone直撮りなんでわかりにくいんですよね。ちなみにギターアンプも悪いばかりじゃないんですよ。

 

ギターアンプで音楽をならすと?

ギターアンプで鳴らすとやっぱり臨場感が出ます。あとギターサウンド系は逆にスピーカーよりギターの音がしたりしなかったり。

 

ただ目の前でちゃんと聞くとわかるんですが、ギターアンプはやはりギターの音を鳴らすものだってよくわかります。

音楽を流すと聞こえてくるバランスは悪いし、どうしたって音がこもる。

 

そもそもギターアンプは通常スピーカーやイヤホンが持っている再生可能な周波数帯域より狭いんです。ハイレゾとか言われている時代に、ギターアンプで鳴らすなんてのは真逆もいいとこ。

あとノイズもひどいし。ギターアンプで音楽をきくのはやはりダメですね。

 

ちなみにあんまり良くない音を聞き続けた後に、自分の持ってるスピーカーやイヤホンで聞くと今まで以上に良い音に聞こえる、いわゆる男子校現象的なものが起こるので、そういった意味ではいいのかもしれません!それでは。