Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

【使いやすい】GetNavi11月号のオリジナル万年筆レビュー!!

どうも、ジョンです!

9月の散財を省みて、10月は万年筆やノートは買わずに過ごそうと決意しました。

 

が、ダメ……!

 

セブン-イレブンでコーヒーを買うついでに雑誌コーナーを見ていたら、「GetNavi 11月号」に万年筆が付録でついていたので衝動的に買ってしまいました。

 

Get Navi(ゲットナビ) 2017年 11 月号 [雑誌]

 

ま、まあ、これは?あくまで雑誌であって?万年筆を買ったわけではないのでセーフです?よね?

 

そんなわけで「GetNavi 11月号」の付録であるGetNaviオリジナル万年筆をレビューします。

f:id:ddss_msv:20171016145108j:plain

まずは見た目。ボディは細身で、普通のボールペンくらいですね。個人的に細いのが好きなのでGood。

色はマットブラックで、クリップ部分などはシルバーです。ビジネスシーンで使いやすいでしょう。

「gn」というロゴのあたりを見ていると、なぜか電子タバコという雰囲気を感じます。IQOSってこんな感じだったような?

 

とにかく!あんまりこういう見た目の万年筆を持っていなかったので、嬉しいです!

 

f:id:ddss_msv:20171016145135j:plain

さてキャップをあけて見ると、虫が機械化したときによくあるみたいなものが現れました!(語彙力の死)

実際のところTHE 万年筆みたいなペン先が好きなんですが、こういうタイプは普段だと買わないので逆にいいのかも知れません。

ちなみに重心はペン先寄りです。

 

いざ実食……じゃなくて、実際に書いてみるだから実書?そんな言葉はないか。とりあえず書いてみます。

f:id:ddss_msv:20171016145321j:plain

ペン先の太さは書いてませんでしたが、国内メーカーのFくらいでしょうか?ペンの寝かせ方や筆記スピードで太さが変わりますが、僕視点ではFくらいに感じました。

 

インクは付属のカートリッジインクを使っているのですが、GetNaviによると欧州共通規格らしいので、インクがなくなったり、違う色を使いたい場合にはペリカンなどのインクが流用できそうです。

なお僕は欧州共通規格のインクを持ってないので、また別で買い足すことになりそう。ということはインクを買うついでに万年筆まで買っちゃいそうということです。おわかりですね?(?)

 

総合的に見て、けっこうおしゃれで使いやすい万年筆だと思います。雑誌(結構読み応えがある)とセットで800円もしないのでオススメですね!

 

ちなみに「スワロフスキーをつけてデコれる!」みたいな宣伝文句が書いてあったんですが、個人的には無い方がいいと思います。

 

それでは!