Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

Greenberry's Coffeeのデカフェが衝撃な件

どうも、ジョンです!

神戸三ノ宮にGreenberry's Coffeeというカフェが、新たにオープンしました。オープン前に店頭で配っていたフライヤーと、店員さんによるデカフェが多いという情報を得たのでオープン3日目の今日行ってまいりました!

 

 

Greenberry's Coffeeとは?

f:id:ddss_msv:20170123165901j:plain

アメリカ合衆国バージニア州シャロッツヴィルで1992年に創業されたカフェ。ちょうど筆者と同い年ですね!

地域や文化を大切にするとWebサイトにはありますが、ちょっとその辺りはよくわかりません。

 

日本には宝塚歌劇団で有名な兵庫県宝塚市に1号店があり、筆者が訪ねた三ノ宮店は2号店です。まだ国内で2店舗、しかも兵庫県だけにしかないカフェのようです。

 

メニューが豊富

さてメニューをチェックしてみると、かなり豊富なラインナップであることに驚かされます。

 

 

Webでは確認できませんが、店頭ではコーヒーの種類がもっと細かく指定できます。豆の産地やフルボディ・ライトボディを選ぶことが可能。

今回筆者はポアオーバー(ハンドドリップ)、デカフェ、グァテマラにしました。以前飲み比べでグァテマラ産が好みのコーヒーであることがわかっていたので、選択肢にあってテンションがあがります!

 

デカフェレビュー

f:id:ddss_msv:20170123154811j:plain

ポアオーバーは時間がかかるため、席に運んできてくれました。

まずコーヒーサーバーで出すんだという衝撃。サイズがトール相当、だいたい2杯分あるのでそのためでしょうか。

ちなみにこのサーバーはおそらくハリオのXGS-60TBですね。

 

香り&味

カップに注いでまずは香り。おおっ!これは紛れもなくコーヒーの香り!脳が喜びで震えています。

つぎに味。一口飲んでみると、んんっ!うまい!デカフェなのに全ッ然コーヒーです!このお店のカフェイン有りコーヒーをまだ飲んでいないので比較ができませんが、少なくとも違和感のないレベルでコーヒーです。

飲んだ瞬間にこれ本当にデカフェ?カフェイン大丈夫?と心配しました。(デカフェです)

 

今まで飲んだデカフェと比較して

某ドーナツチェーン某コンビニのデカフェと比較すると、雲泥の差。そもそも本格的なカフェとそうでないところでは、デカフェに差が出るのも当然なのかもしれません。

デカフェといえばもはや風味もなにもないもので、諦めるしかないと思っていたのですが、今回で完全にその考えを改めることになりました!

 

ちなみにお値段は税込486円と、しっかりカフェ価格を徴収されました。さすがに毎日通うほどの資金がないので、週1の贅沢として行くことになりそうです。

 

そんなわけでGreenberry's Coffeeのデカフェを紹介しました。が、こんなのは序の口。まだまだデカフェやそうでないもの問わず飲んでみたい商品がたくさんありますし、店の雰囲気も良かったので、どんどん飲んでレポートをあげていきますね!

 

神戸にお越しの皆さんはぜひ一度、お立ち寄りくださいね!

 

www.greenberryscoffeejapan.com