読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に。24歳無職が日々気になったことなどを書いています。

MENU

 

バレンタイン所感

雑記

どうも、ジョンです!

今日はバレンタインでしたね。世の女性のみなさんはお疲れ様でした。男性の皆さん、もらえた方はホワイトデーをがんばりましょう。もらえてない方は……どんまい。

「どんまいとか言ってお前はどうなんだよ!」

はい、筆者は1つ頂きました。母親から。しかし母親をはじめとした家族からのチョコは、男子ルールでノーカウントという規定がございますので、実質チョコ0個ディスコでした。

一つ言い訳をさせていただきますと、チョコをもらうもらわない以前に人との接点が無いわけですから、そもそももらいようがないのです。女性に囲まれているにも関わらずチョコがもらえなかった人とは一緒にしないでいただきたい。

言うならば筆者はチョコをもらえなかった状態の確定ではなく、チョコをもらえた可能性とチョコが本当にもらえてない可能性が重なり合って存在しているのです。シュレディンガーのチョコ0個ディスコなのです。なおシュレディンガーの便利さについては別記事をご参照ください。

ddss-msv.hateblo.jp

 

そういえば女→男という矢印がすでに成り立っていないことでおなじみのバレンタインですが、もはやチョコレートをあげるという決まりさえ近ごろは無視される傾向にあるそうですね。チョコレートメーカーが作り出したバレンタインという幻が、メーカーの手を離れて動き出してしまったのでしょう。もはやこの怪物を止めることは、誰にも、生みの親でさえも不可能なのです。

 

しかしあれですね。バレンタインに愛の告白をするという女子はこの世に存在するのでしょうか。一説によると女性からの告白は男性からの告白に比べて、成功率が4倍と聞いたことがあります。個人的にバレンタインはチョコを渡すという行為を持って、返報性の原理が働き、さらに好意が実る可能性は膨れ上がっていると予想しますが。

ふと思ったのですが、もしバレンタインで付き合ってスピード破局した場合、ホワイトデーのお返しはどうするんでしょう。律儀に返すのでしょうか。昨今トンでやめたバイトでさえもきっちり給料はいただきにくる世の中ですから、バレンタインのお返しもきっちり徴収されるのでしょうね。世知辛い。

 

「リア充爆発しろ!」的な雰囲気を漂わせている筆者ではありますが、なにやらイベントめいたこの時期嫌いじゃありません。むしろ可愛い女の子がバレンタイン企画をするので大好きです!もっとやれ!

 

それでは。