Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

今更だけどCLANNADは人生だった件

CLANNAD コンパクト・コレクション Blu-ray (初回限定生産)

どうも、ジョンです!

 

やっぱり常識知らずって腹が立つとかの前に話が通じない恐れまであります。

専門知識も大事だけどやっぱり一般教養って大事。

ってなわけでアニメ界の一般教養とも言える「CLANNAD」を見ました。

 

主にネットでは

「CLANNADって?」

「人生…かな」

という言葉が一人歩きしてるので、

見たこと無い人でも「あぁ人生のやつね」となる作品として名高いCLANNAD。

かくいう僕も見たことがありませんでした。

 

だって2007年の作品ですし、僕中3ですから見てないのも当然っちゃ当然です。

その後も名前だけはちょくちょく耳にしてたんですが、

見ようとするたびに「絵が古いなあ」とか思ってたバカですごめんなさい。

 

泣けるアニメランキングとかいう胡散臭いランキングを見てたら、

そこでも堂々1位がこのCLANNADだったので、

「え?やっぱり?っていうかそんなに?」

となり、Amazonプライムビデオにも入ってるし時間もあるしで、

一気見が決定したのでした。

 

めっちゃ泣いた

スパイダソリティアしながら見てたのに……

 

特に泣いたのはことみ回最終回

っていうか僕がことみ推しだから、

スパイダソリティアせずに見てたっていうのも大きいのかも知れませんが。

 

正直な話CLANNADを舐めてましたね。

見てみたら退屈さも無いし、胸くそ悪いこともない。

なんかじーんと沁みわたってくる良さがあります。

ちなみに絵が古いとかは見だして数分で気にならなくなりました。

 

そんなわけでCLANNADはやっぱり神作品でした。

今回見たのは1期22話本編のみ。

どうやら2期もあってそれもプライムビデオで見られるようなので、

明日また時間をとって一気見しようと目論んでおります。

 

声優は知らない方がいい

声優オタクまではいかない声優ファン程度の僕でもやはり弊害が。

作品を純粋に楽しむにあたって声優について知っているって、

実は不利なんじゃないかと特に今回は思いました。

 

CLANNAD主人公の岡崎、アニメ版の声優は中村悠一なんです。

彼はトークがおもしろいので、

ラジオとか出てたら好んで聴くんですよ。

でもそのせいで声優さん自身のパーソナルな情報が、

どうしても作品視聴中にちらつくんですよね。

ふとした時に素に戻されてしまうというか、現実を感じるというか。

 

まあ集中してたらそうでもないんですけど、たまに、ね。

ドラマでいうとキムタクが何やってもキムタクに見えるみたいなもんでしょうか(?)。

 

声優を知ってて楽しいこととか作品を知るとかプラス面もあれば、

こういうマイナス面も当然あるというのを感じましたね。

 

おわりに

なんにせよCLANNADは人生」と言われるのも納得な名作でした!

 

Amazonプライム会員ならプライムビデオで見られるので、ぜひどうぞ。

プライム会員じゃないって方は無料体験でもプライムビデオが利用できますよ〜

 

Amazon.co.jp: Amazon Prime

CLANNAD【プライムビデオ】

おわり!

 

p.s.二期も書きました!

 

 

ddss-msv.hateblo.jp