Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

2016年自分は進歩したのか……?

どうも、ジョンです。

いよいよ2016年も残りわずかとなってしまい、震えが止まりません。単に今年が終わるからという理由ではなく「僕は今年少しでも進歩したと言えるのか?」と感じるからです。

 

 

ニートとして始まった1年

2016年は始めてニートとして迎えた年でした。去年はまだ無い内定の学生状態が3月まで続いていたのです。

 

こんな記事も書いていましたね。

ddss-msv.hateblo.jp

 

いま振り返ってみると、元気そのものに感じられるのは気のせいかな???

ブログもしっかり更新を頑張っていたように思います。ちなみに今では自分のなかで恒例となったDoodle記事の更新は、1月から始めた企画ですね。

 

明らかに調子を崩している5月

記事数を見てみると、5月で日数>記事数になっています。

さらにその内訳はほとんどがDoodleとアニメ感想という企画記事ばかりで、何を書くかを考えて書く雑記は目に見えて減っている印象です。

 

その原因はなんなのか?記憶を呼び覚ましてみたところ、別サイトでいくつか文章を書いたりし始めた時期と重なっています!

 

ということは、ブログ外の案件が増えてブログが疎かになったのか?いえ、違います。

ブログが停滞しているのは、ブログ外の案件が嫌すぎて先延ばしにしまくった結果、ブログすらも書く気力が失せているのが原因です。

 

どん底の夏

夏の記事数を見ると1桁が並びます。もう全然なにも手についていない状況で、更新が途切れているという状況がさらに更新を億劫にさせるという負のスパイラル。

あんなに巡回していた他のブログもまったく見ることができず、はてな界との交流も途切れてしまいました。

 

復調の兆し?秋から冬

ブログを見ると11月の終盤あたりから、徐々に更新頻度が上がっているように感じられます。そのきっかけとなっているのが、この記事。

ddss-msv.hateblo.jp

みかこしのイベントに参加した際、大学時代の後輩に遭遇したんですが、色々喋っているうちに「ブログをしっかりやりたいな」という思いが強くなり、徐々にブログを更新するようになりました。

 

ちなみに更新しない間、PVもはてなスターもどんどんなくなっていたので、数字を見ると更新意欲が削がれる思いでいっぱい。しかし、ブログを更新しなければもはや自分はブログすら更新できないニートであることを強く実感してしまうのです。

 

そして今

今年が終わります。僕は進歩したのか?どう考えてもしてないですね。無為な1年であったと、自分でも実感しています。

 

やはり2016年振り返ってみて思うのが、自分で自分をコントロールするのはかなり難しいこと。そして人と交流しなければ人間はダメになっていくこと。加えて、お金は使えばなくなるということです。

 

ニート、そしてニート予備軍のみなさん。毎日少しでもいいので自分を改善していきましょうね。決して僕みたいにはならぬよう!それでは。