Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

ミスドコーヒー無限おかわりシステムは至高

カフェで「ちょっと読書しよう」とか「書き物しよう」などと言った作業をするとき、どこに行くだろうか。私は断然ミスタードーナツである。

近いというのもあるが、最大の理由はJKとJDがいっぱいくることコーヒーが無限におかわりできることである。ローストコーヒーとホットカフェオレの二種類に限られるため真夏の暑い日にはたとえクーラーが効いていたとしても厳しいものがあるが、そのピーク時以外は作業中つねにコーヒーがあるというのは個人的に大きなアドバンテージである。

おかわりも本来ならば自らカウンターにおもむきお願いするというのが手順なのだが、私が訪れる店舗が特殊なのか暇なときは席まで「おかわりいかがですか?」と声掛けしてくれるのである。至れり尽くせりだ。

ちなみに難点はau Wi-Fiがないこと。いや電波は飛んでるみたいなんだけど、この店舗のやつじゃないのかうまくつながらないんだよね。なので私はネット使用時はテザリングで済ませている。

家は誘惑が多くてかなわない。家でできることが多すぎるので、何でもかんでも同時にしようとしてしまうのがいけないのである。以前にも書いた通りマルチタスキングはよくない。その点ミスドにいれば持っていったものしか使えないし「作業している自分かっこいい」効果も使える。やっぱりミスドに限る。

え、別にコーヒーそんな飲まないしどこでもいいって?

いや他のとこJKとJDこないじゃないですか。アホなの?