Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

「冴えない彼女の育て方」6巻感想

冴えない彼女の育て方(ラノベ)1,2,3巻感想 - Unread

「冴えない彼女の育て方」4巻感想 - Unread

「冴えない彼女の育て方」5巻感想 - Unread

 

後輩に「さっさと冴えカノ読め」と怒られてしまいました。そんなわけで6巻読了です。

 

f:id:ddss_msv:20150821005226j:plain

 

ここから、ネタバレしまくりです。

 

物語としては、非ヲタ組がやる気満々でみんなに内緒でグランドルート(倫也が書いた3つ目のトゥルールート)専用エンディング主題歌を制作したり、エリリが缶詰したりと冬コミまでラストスパートをかける。エリリは今までの安定した状態から殻を破りもう一段上へと進んで最後のイラストを仕上げるも、風邪で力尽き倫也に送信できずに終わる。倫也は伊織の助けを借りて缶詰先へ行って看病することを選び、マスターアップを諦める。冬コミではグランドルートを省いたものを100部だけしか用意できず。エリリはみんなに謝罪し倫也も謝罪するが、加藤は完成しなかったことよりも相談してくれなかったことに苛立っていた。それから完全版の委託販売は各所で話題になり、エリリが追加オーダー分のパッケージを新たに描くなど冬コミ前のような忙しさを見せていたが、加藤はサークルに顔を出さなくなっていた。

 

……重い。この6巻今までの「問題はあったけど倫也が力技で解決したぞ!解決に向けて頑張ろう!」みたいなのが無いんです。最後エリリが倒れて締切に間に合わなかったけど伊織がコネ使ってくれて、間に合ってたんですね。でも倫也は看病することを決めて完成させないという選択をしました。その時の読んでる私の気持ちがわかりますか。「頼む……!なんか超展開で完成して幸せな冬コミを迎えてくれ……!」って祈ってたのに何もしない主人公ですよ。作中でなんか色々言ってるけどもう理屈じゃなくて感情的に冬コミに間に合って欲しかったなって。

それに加藤めっちゃやる気見せたり美智留に苛立ったりサークルに来なくなったり、アニメではあんなに加藤がキャラ死んでるキャラだったのに、原作進めていくともう感情の波がどんどん激しくなってくるのがわかる。早く倫也と仲直りして欲しい。

っていうかやっぱり倫也にとってエリリは特別なんだなっていうのが伝わってくる話でした。他のメンバーとは対応も慌て方も全然違ってるし、幼馴染パワー強すぎる。下手したらこのままエリリエンドに向かうんじゃないかと思わせるような勢いがありましたけど、加藤問題残ってるしエリリは当て馬ですよね???

 

どう考えても落とされたから次は上げてくるに違いない7巻を今から読むか明日読むか……まあこんな状態で寝るなんて選択肢はないんで読んできます。

 

広告を非表示にする