読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に。24歳無職が日々気になったことなどを書いています。

MENU

 

Prime DayなのでAmazonプライム会員に関すること

好きなもの

本日7月15日は、Amazonが「prime day」と称する、プライム会員限定のタイムセールを行っている。

 

常日頃から口を開けば、やれKindleがどうのとのたまっている私のことだから、どうせプライム会員なのだろうと思われているかも知れないが、そうではない。

なぜなら、Kindleにしか興味のない場合プライムのメリットはほとんどないからである。

 

プライム会員の特典は、

f:id:ddss_msv:20150715013848j:plain

以上である。

 

見てもらえばわかるが、Kindleオーナーライブラリーに注目していただきたい。

この対象タイトルというのはこれ(対象タイトル一覧に飛びます)だ。

もちろんその人の趣向によるが、個人的にはかなり微妙。

プライムは月額に換算すると3,900/12=325円であり、

毎月この中から読もうと思っていたタイトルがあるならまだしも、

2ヶ月に1回しか見つからないなら損だし、

そもそもこの中からわざわざ探すのか?まさか。

 

まあこれ単体で見れば釣り合わないのも当然で、

プライム特典の中では明らかにおまけに過ぎないと見える。

実際のところ、毎月お急ぎ便を使うみたいな利用者の中ではヘビーな方々が、

ちょっとKindleでも使ってやるかみたいな感じで利用される気がする。

 

そんなわけで普段はメリットの薄いプライム会員だが、 

この場合なら入ったほうがいいという条件もある。

その1つが、新しいKindle Paperwhiteを買う場合だ。

newKPWは広告付きでも14,280円するが、プライムは4000円引きになる。

4000円は年会費とほぼ同額で入らない手はないだろう。

 

こんな記事を書いてたらnewKPWが欲しくなってしまった。

しかしすでに旧型を持っている身からすれば、

新しいモデルを買う理由はほぼ皆無である。

ただ持ってない人、特に電子書籍に抵抗有り、

されど興味ありみたいな人に買って欲しい。

このKindleを手にした時の感動はちょっとしたものである。

Kindleアプリではなく端末を買わなくてはこの感動はない。

 

話が脱線しがちだが、書きたいことも無いまま書き出したので仕方ないこと。

ここはみなさんに諦めていただく他ない。

 

プライムのメリットなんて無いと言ってきたが、

こんな記事を書いている時点でプライム会員になりたいの丸出しだよね。

ただの貧乏人の僻みでしかない。悔しい。