読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

MENU

 

決着

※注意:筆者は酒を飲んでいます

 

就活?卒論?いや違う。

読者の皆さんは覚えているだろうか。


この記事の中で割愛したところが、一応の決着を見たという話だ。

しかし非常に具体的に話さなければ伝わらないが、

氷菓(米澤穂信著)の千反田えるが奉太郎に叔父の話をする時のように、

「こんなの誰にでもする話じゃありません」という問題でもある。

 

この問題をメンヘラ問題と言っても差し支えないが、

厳密には違ってくるような気もする。

 

いやまったく何の説明にもなっていないが、これは仕方がない。

私自身が彼女を糾弾したくもあり、擁護したくもある状態であるためだ。

社会的に見て許されない状態にあり、その解消を求めるが実行されず、

私もその状況に甘んじるが、耐え切れなかったというところだろうか。

この辺りは皆さんのご想像に託したい。

 

耐え切れなかったので、この関係は終わった。

今は嬉しいような悲しいような、本能と理性がぶつかるような気持ちだ。

未来の自分はきっと今のこの気持ちも忘れてしまうのだろう。

しかし、これまた先ほどと同じところから引用するに、

「いま感じた私の気持ち、それが将来どうでもよくなってるかもなんて、今は思いたくないんです」である。

 

とりあえず自分を労りたい。

そんな気持ちを込めて今日は赤玉を飲む。

全てを忘れて次に進むための一本だ。

この世に赤玉があって良かった。

ありがとう、赤玉。赤玉に栄光あれ。