Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

【ポエミー】十人十色【失笑】

高校までの同級生は、多少の違いはあれど自分と大差の無い高校生で、大きな経験の違いは無かった。

しかし、卒業と同時に、そういう人たちが様々な職に就いたり、専門学校に入ったり、まだ大学受験をしていたり……

こいつはこうなるんじゃないか?という予想がことごとく覆っていく。

自分はこうなるだろうという予想も覆っている。

人生は思い描いてたものと大きく外れたりしないと思っていたし、

今ももちろんそうではあるけれども、

細部が微妙に違っていて、軌道修正しながら全然違う道に入っている。

 

ようやく、人生らしきものが始まっている気がしている。

他人にも人生があるんだという気がしている。

今更すぎるが、画一的な中にも多様性を感じる。

 

それを単に面白いと言うには、自分はまだまだ幼すぎる。

この面白みを感じ取れるようになった時、

自分は「大人になった」と言えるのではないだろうか。