読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

MENU

 

柄にもなく恋愛の話をする。(勢い記事)

今年も冷えてきた。


この記事を読んで、柄にもなく恋愛絡みの話でもするかと思ったので書く。

 ※'15.12.17追記:引用元閉鎖

今までの経歴

高校までは彼女ができず、

告白しては「友だちとしてしか見れない」という恋愛対象外宣告を受ける。

女友達は少ないわけじゃなかったが、どうも男としては見られないやつらしい。

こういう人、割と多いと思う。

 

大学2年になって、新歓からサークルの子とトントン拍子で付き合うことになった。

しかしこれが重度のメンヘラで、自傷するタイプの子だった。

まあそれについては余り言ってこなかったし、初彼女だったので気にする余裕もなかった。

ただ、趣味がまったく合わず相手の話に合わせるのにも疲れ、その上「男に言い寄られる」みたいな話を延々聞かされる羽目に……

ストレスがたたって脳炎を発症し入院したのと、相手が浮気したことを知って、無条件で別れを告げた。

 

これきっかけで女子に対する積極性を失った気がする。

そんなわけで花澤香菜(大天使)への信仰を厚くしていたわけだが、

ここ最近、また別の人にハマりかけててヤバいなという具合である。

この話は現在進行形で冷静に書く自信が無いし同意も得られないので割愛する。

 

彼女って要るのか?

上記のような経緯もあって、今は「彼女っているか?」という気持ちになっている。

確かに、彼女が居ないと得られない幸福もあるように思う。

が、彼女が居なくても得られる幸福はありあまるほどあるし、そんな存在に執着するほうがよっぽど不幸かもしれない。

彼女がいるというだけで色んなものが犠牲になる。

しっかりとした自己を確立して置かないと、その存在に振り回されることになる。

これは彼女を持つ資格と言っても良いかも知れない。

 

また、彼女が欲しいという気持ちは本当に彼女が欲しいという気持ちなのかを疑って欲しい。

ともすれば、それは三大欲求の一つである「性欲」の可能性がある。

君は性欲に従って行動するのか。恥ずかしくないのか。

それに性欲が解消されたら、その人を思う気持ちも無くなるんじゃないのか。

落ち着いて考えて欲しい。

 

ところが友人曰く、「それお前がメンヘラしか知らんからやで」とのこと。

まったくもってその通りです。

本当にありがとうございました。