読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

MENU

 

使える小指に感謝を告げよう

無くしてから、その大切さに気付く。生きていれば、そういう経験を誰しもがするだろう。ここ数日で私にもそれがあった。

左手小指が使用不能になったのである。

というのも、アルバイト中にカゴ車*1を畳もうとした時だ。結構使い古されたものが多いので、台の部分が錆びついてしまってたためなくなることが、しばしばある。いつもは諦めるがその日は、「これ思い切り全力で上げればいけるんじゃね?」との思いがよぎってしまった。右腕を使って全力で引き上げた瞬間、「畳めた!」と思ったらカゴの柵を握っていた左手の小指に、台がすごい勢いで衝突。小指の皮膚をごっそり持っていったのである。血が溢れ出て、当然物凄く痛むので、小指がまったく使えず、皮膚が再生するまで絆創膏を貼って耐えた。

一週間経った今でも、完璧には再生していない。なんとか痛みはなく、絆創膏を外せる程度である。

この一週間、本当に困った。困ったことを3つほど挙げたい。

三位:jubeatが出来ない

小指を気遣ってスコアは出せない。変な癖がついても困るので、ゲーセンに行きたい気持ちを抑えて、気を紛らすため、iPadでリフレクをしていた。

二位:風呂に入りにくい

防水の絆創膏でも僅かな隙間から入ってとれるし、髪洗う時に案外小指を使っていたのに使えないし、シャワーが直撃すると痛いし、ダメすぎる。ただこれは小指に限った話ではない。怪我や病気の時は大抵風呂に入りにくい。ちなみに、風呂が億劫なのはうつの兆候らしいが、そんなことを言っていたら私は年中うつである。

一位:キーボードが打てない

使用頻度高の「a」が封じられるとフラストレーションが限界突破。母音が一つ封じられるだけで、PCに向かうのすら嫌になるなんて、恐ろしい子……

 

これからは小指に感謝して生きていこう。小指の写真を神棚に飾ろう。毎日お供え物をしよう。小指のメッカ(?)にむけて祈ろう。

 

P.S.

f:id:ddss_msv:20140705230012j:plain アレルギー表記は「乳」でいいのか。

 


*1:f:id:ddss_msv:20140705223939j:plainこういうもの。カゴ台車とも。