読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

花澤香菜「恋する惑星」リリースイベント&東京旅行感想

こんにちは、ジョン(@ddss_msv)です。

窓の外は雪がちらついていて、引きこもりを決心せざるを得ません。

 

実は1月31日から2月2日にかけて、東京へ行ってまいりました。

というのも、花澤香菜5thシングル「恋する惑星」のリリースイベントに参加するためです。

このイベントの応募にはCDに封入されているシリアルを使って応募するのですが、

(まあ折角だし応募しとくか)という軽い気持ちでエントリーしました。

すると、そんなことも忘れていたある日の講義中に当選通知がきまして、

ニヤニヤしながら上京することになったのです。

 

イベント自体は1日でしたが、

「高い交通費を払っていくんだから、観光も兼ねないと損だろう」

という思いから、ちょっと早く行ってやや遅く帰る日程を決行しました。

初日

 

12時9分のこだま、京都駅発。

今回はぷらっとこだまというサービスを利用して片道1万円弱です。

3時間以上もの間、電車ということでどうかなとは思ったんですが、

人も少なく、暇つぶしのMacbook AirやKindlePWも持っていったため時間も潰せて、

当然途中にお手洗いもいけるし満足でした。

ただ残念だったのは通路側だったので景色はあまり楽しめなかったことと、

車内の自動販売機が350mlの水で130円と高すぎることくらいでした。

さらに言うならコンセントも欲しかったけど、それは贅沢に過ぎるというものです。

 

東京駅につきました。

「俺もとうとうここまで来たか……」

というよくわからない気持ちを胸に、

東京都への一歩を踏み出したものの、イベントに行くという目的以外は

計画も何もしてこなかったので、早速どうしようもなくなりました。

とりあえずコインロッカーに大きな荷物だけ預けて、後は身軽なリュックスタイル。

充電器を買うためにファミマによって、ちょっとうろうろしたものの、

やっぱり行くところもなくぼーっとしていると、よくわからない団体に寄付をせまられて

500円を失ったのでアップルストア銀座に行くことにしました。

 

アップルストア銀座は東京駅から歩いていける距離です。

特にアップルストアに何があるというわけでもないのですが、

とりあえずそんなことを考えていてはどこにも行けないので無心で目指します。

道中ももちろん見たことがない景色なので、それだけでワクワクしました。

例のはとバスというのも見かけましたが、一体はとバスが何なのかわからないので、

「あ〜あれがはとバスね、はいはい」と無理矢理納得しました。

しばらく歩いて、アップルストア銀座に到着!

が、「やっぱりただのアップルストアなんだよなあ……」

という感想を抱いただけで、3分くらいで飽きました

 

カプセルホテルに18時にチェックインという予約をしていたのですが、

電車で行くには、すぐの距離。

ただ歩いて行くと、荷物があるのでちょっとつらい。

ちょうどいい頃合いになるまで、とりあえず周囲を歩きまわって、

神田にあるカプセルホテルに向かいました。

 

カプセルホテルなんて泊まったことが無いのでビクビクしていましたが、

特にこれといったこともなく、想像通りのものでした。

とりあえず荷物だけ置いて、スカイツリーに行くことに決定。

「いや一人でスカイツリーとかwww」という気持ちはさておき、

やっぱりぱっと思いつく名所には行っておくべきだと思いまして。

 

スカイツリーに行くには浅草で乗り換えるだけの簡単コース。

乗り換え案内Google Mapsは旅に必須です。

 

とうきょうスカイツリー駅に着きましたが、スカイツリーが見当たりません

634mもある巨大な塔が見当たらないなんてことがあるのか……?

と不思議に思っていると、真上にありました

とうきょうスカイツリー駅とくっついてたんですね。

こういう場合灯台下暗しというのでしょうか。灯台下に居る気分なんですが。

 

早速ズンズンと天望デッキに入るチケットを買いに行きます。

まわりは家族、カップル、仕事仲間、友だちという感じの人が多いのですが、

僕はひとりぼっちで買って、めちゃくちゃ速いエレベーターも大勢に囲まれて乗りました。

天望デッキにつくと、めちゃくちゃキレイ!

夜景ってやっぱり綺麗なんだなあ!すごいすごい!

という気持ちを声に出せないのがつらかったです。

とりあえずパシャパシャ写真をとって、一周ぐるりとまわる。

知らなかったのですが、天望デッキの上に天望回廊というまたお金を払って入るエリアがあるんですね。

一人ですが当然入ります。お姉さんの視線が痛いです。

上がると「すげえええ!」ってことはなくちょっと高くなったのかな?くらいでした。

最高到達点にはいけたので、これで今日の目的は完遂したなと満足。

後は床ガラスでジャンプしたかったけど流石に視線が痛いので、

軽くトントンとした後、なんだかむなしくなって降りました。

【教訓】スカイツリーには一人で行っちゃダメ絶対

 

初日の晩飯は、流行ってないラーメン屋の入り、流行ってないラーメンを食べました。

流行ってない味がしたけど、まあ食べられないことは無いなと完食して、

カプセルホテルのそこそこな風呂に浸かって、

ロッカーの開け閉め音やいびきに耐えながら何とか寝ました。

 

二日目

10時には一時的にチェックアウトする必要があるので、9時には起きて準備。

秋葉原には行くと決めていたので、早速向かいます。

 

あーきはーばらー!と叫ぶ代わりにTwitterに投稿します。

駅から出ると「アニメの絵とか普通にあるしすげー!」

そして人も多い。なんだかわからないけどテンションが上がる。

とりあえずうろちょろうろちょろ

店に入りまくってうろちょろうろちょろ

特にヲタグッズは買わないので、何をすればいいのかわからず、

買い物をするか飯食うかしか無いところなんだなとも思いました。

 

流石に何も買わずに帰っちゃうのも癪だったので、

ゲーマーズでイベント用のペンライトと、ひなビタのクリアファイルを買いました。

後、外にあったひなビタの缶バッジガチャポンを引いてみて、

めうめうが出そうと張り切っていたら、3000円溶かされました。怖い。

Twitterのフォロワーに教えてもらったかつサンドを食べて、一旦引き上げ。

カプセルホテルにチェックインしなおして、今度は徒歩で秋葉原へ。

またうろちょろしまくって、何故か誘惑に負けてiPad Airを買っちゃいました。

そして、そろそろ会場へ行っておくかなと原宿へ向かいました。

 

原宿と言えばオシャレ怪物が闊歩する町

時代を先取りしすぎて、もうなんなのかわからない格好をしている人しかいない。

というイメージで降り立ったのですが、ただの普通の人が馬鹿みたいにたくさんいる町でした。

ただイメージ的には僕の地元である神戸に一番近いんじゃないかなと思います。

 

ちょっと早く着きすぎてしまったので、色々歩いてみたんですが、

カフェで落ち着こうにも人が多くてどこにも入れないんです。

結局ちょっと早いものの、会場である原宿クエストホールの前で待機しました。

18時開場でしたが、寒いからという理由でロビーに先行入場開始。

しばらくソファで待つとホールが開場されました。

「ステージ綺麗!箱狭っ!」というのが大きな印象です。

最大収容人数400人とは聞いてましたが、これほど狭いとは。

一番後ろでもはっきり見える距離ですし、僕はG列2番だったのですが、

端が端じゃないような、ステージ幅と客席幅が変わらないので、

大きな箱になれていたせいもあって、こんなの正面だろと内心歓喜でした。

ロビーの売店(?)では「恋する惑星チョコラーテ」という限定商品が売られていて、

(何が限定じゃwww)とバカにしながらも、素直に並びました。

あとでTwitterで調べたら完売してたみたいですね。

ちなみに甘いながらも酸味があって美味しかったです。

 

そうしてしばらく待っていると開演!

キーボードの末永さんと、サウンドプロデューサーの北川さんが登場。

そして……花澤香菜の登場!

生で見ると阿呆みたいにかわいいです。本当にいたんですね(?)

MCを交えながら恋する惑星に収録されている3曲と、

「青い鳥」「Saturday Night Musical」、

そしてニューアルバム「25」から「25 hours a day」を歌ってくれました。

ペンライトをそんなに色々用意してなかったのが悔やまれます。

色の変えられるやつを持っているプロみたいな人たちがいて、羨ましかったです。

今YouTubeで見られる「25」の初回限定盤に収録される映像のダイジェスト版を、

イベントで先行公開しまして、その撮影時の写真を見ながら色々トークしてくれました。

トゥルデルニークという食べ物をちくわだと言ってみたり、

北川さんがビールばっかり飲む話だったり……印象深いですね!

あと晴れ女なので晴れ澤と呼ばれてるとか。笑

と、楽しいイベントも1時間ちょっとで終了。

イベントが終わったということが信じられなくて

一人鳥貴族をして、ぼーっとした後風呂に入って寝ました。

 

三日目

 

昨日と同様に10時にチェックアウトして、

荷物が邪魔なので東京駅のコインロッカーに放り込みました。

とりあえず秋葉原に行ったものの、やることもないので、

池袋に行ってみようと思いつきで行ってみました。

池袋も人だらけ。ひたすら歩いてアニメイトなどがあるエリアを目指しました。

着いてみると女性客だらけ!男性客もいますがまばら。

秋葉原とは対照的な印象を受けました。

ちなみに客層に合わせて、商品も女性向けのものが多かったので、そそくさと撤退しました。

ゲーセンでリフレクビートを初プレイしてみたり、

東京チカラめしでチーズ焼き牛丼を食べて満足したので、東京駅に帰りました。

東京駅ではお土産を買った後、コインロッカーから荷物を出して10分前くらいにホームへ。

 

帰りは空席の関係上グリーン車だったのでかなり快適でした。

コンセントもあるし、椅子も全然違うし、窓側だし!

ただなんですかね、めちゃくちゃ暑いんです。そんな厚着をしたわけでもないんですが。

ということで、京都駅に着く頃にはアッツアツになっていたのでした。

 

というのが3日間の全てでした。

もっと要点をまとめて書けたらいいのですが、

思い出しながら書いていたのでだらだらっとした文章になってしまいました。

詳細に書きたい部分が出てきたら、別の記事で投稿したいと思います。

後、勢いで買ったiPad Airについてもいくつか書けたらなと思います。