読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に。24歳無職が日々気になったことなどを書いています。

MENU

 

KPW純正カバー重量問題

好きなもの

ジョン(@ddss_msv)です。

 

大学生協の書籍部で、

このライトノベルがすごい!2014」と、

このミステリーがすごい!2014」を購入しました。

こういう雑誌テイストのものを電子書籍化するとしたら、

読むのはiPadのようなサイズのタブレット端末かなと思います。

 

さて、今日のテーマはタイトルの通り、

「KPW純正カバー重量問題」です。

 

f:id:ddss_msv:20131217232357j:plain

左のこいつの話

 

iPhone原理主義により保護シールも貼らない裸状態で使っています。

KindlePWはなんとなくカバーも一緒に買ったので、

はじめからつけっぱなしでした。

 

純正なのでぴたっとはまり、頑丈なつくりで雑に扱っても大丈夫そう。

閉じると自動スリープになるのも楽だし悪くない。

別に問題なんて何も無いんです。いやむしろ満足とすら言えるでしょう。

 

ただ今日なんとなく、本当になんとなく外してみたんです。

 

なんという開放感!そして薄い!

そして…軽い!!!軽いぞ!!!

 

カバーなんていらねえ!

俺は今日から 自 由 だ !!!

 

…はい数値で見てみましょう。

残念ながら家に計量器が無いのですが、

商品ページの公式数値はなんと驚きの159グラム

本体が206グラムなので、KPW二台持ってるみたいな感じですね。

そりゃ重いよ。

 

でもそんなに重すぎるって思うほどでも無いんです、実際。

 ただ僕がそういう感想を持つのは、

基本読書スタイルとして、本もKPWもどこかに置きながら読む

─重心を床なり机なりに預けるということです─

ので重さはそんなに関係なく、今まで気にならなかったかもしれません。

 

もし通勤通学の電車やバスの中、立ちながら読むとすればカバーは邪魔と言えます。

 

「じゃあなに?純正カバーは買わなくていいの?」

という疑問はもっともです。

もうこれは実際使ってみないとわからない、としか言えませんね。

適当言ってるわけじゃないですよ!

僕はカバー有→カバー無になったからこういう感想なので、

客観的に判断できていないってことです。

 

その証拠にと言いますか、

持ち歩きにはこれ!Kindle Paperwhite用純正レザーカバーで得られた安心感とプレミアム感 | Time to live forever

こういったポジティブな記事もありますし、

アマゾンレビューでは星4.4と高評価です!

 

ん〜でもやっぱり重いな。