読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に。24歳無職が日々気になったことなどを書いています。

MENU

 

積読

雑記

ジョン(@ddss_msv)です。

 

部屋の中でも随分寒くなってきて、手足が冷える季節となりました。

できれば部屋の中で布団にくるまりながら、読書や睡眠といきたいところです。

しかし現実はそうは言ってられませんよね。

なんで人間には冬眠システムないんでしょうね。

 

今日はKindleでも変わらないとおもったこと、その1!

「積読」について書きます。

 

積読

 

増える、積読。

 

積読

積読とは、本を購入して読まずに積んでおくこと

(日本語俗語辞書 http://zokugo-dict.com/18tu/tundoku.htm)

 

 

元々、紙の本のころから結構積読は多い方だと思います。

この問題に気付いた時、その原因は、

一度に大量に買い込むこと

にあると思っていました。

 

しかし大量に買っても読みきる場合もあるし、

KindlePWにしてからは、

そもそも大量に買う必要が無いのですが積読があります。

 

ではその理由とは?

 

僕は、

「高尚ぶって買った時に起こる」

と考えています。

 

いわゆる名作やベストセラー、

名高い文豪の本やお堅いノンフィクション…

 

人によって何が「高尚」か、

もっと平たく言い換えると「かっこいい」か、は

もちろん変わってきます。

 

でもそれが必ずしも自分の「好き」と一致してるかは怪しい。

一致してないと積む。

 

 

これって積読って言うよりかは、

「本棚の肥やし」ですね!

 

特に目立ったことが無いのでコラムっぽいので逃げてみました。

もう少しKindle関連にアンテナを張りたいと思います。

それでは〜