読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に。24歳無職が日々気になったことなどを書いています。

MENU

 

Kindle Paperwhite 一週間レビュー!

好きなもの

KPWを使わない日はない、

こんばんは。ジョン(@ddss_msv)です。

 

大体一週間、Kindle Paperwhiteを使ったので

長所・短所・その他感想などを書いてみようと思います。

これから買おうか迷ってる人の参考にでもなれば幸いです。

 

まずは長所から! 

 

長所1:体勢が自由

特に片手でページめくりもできるのは意外に大きいメリットです!

ひどい時は持たずに、めくる時だけタッチする感じです。楽。

飯食べながらでも余裕です。超楽。

 

長所2:場所を取らない

どれだけ本を買おうと部屋を埋めてしまうことがありません。

部屋がただでさえ狭い六畳住まいなので助かります。

 

長所3:軽い

本体が軽い、というのもありますがそれ以上に、

物自体が増えないので何冊でも持ち歩けます。

 

長所4:書店に行く必要が無い

出不精な僕にとって、おでかけを減らせるのはありがたいことです。

後で読むようの本を用意しなくても、

ネット環境があればその場でダウンロードできますし、重宝します。

 

長所5:暗い部屋でも読める

バックライトがあるので単体で読めます。

照明を使うとスタンドライトでも案外明るいですし、

姿勢も限定されがちですが、KPWはゴロゴロ読めます。

 

長所6:知らない単語もすぐに調べられる

読んでるとわからない言葉が出てきて、

後で調べればいいかと思って忘れちゃうことって多いです。

Kindleならその場で辞書・Wikipedia検索ができますし、

検索した語句は自動的に履歴に残ります。

 

長所7:E Inkが超自然

電子書籍を読むなら絶対E Inkで、と思わずにはいられない質感。

PCやタブレット・スマホで活字を読むのって結構疲れますけど、

E Inkなら本を読むのと変わりません。

いやむしろ調光とサイズ、行間調整などのおかげで見やすいかも。

 

次に短所です。

 

短所1:物質的満足感がない

本を本棚にいれて満足感に浸る感覚は全く得られません。

ページをめくる質感やら何やらもないです。

 

短所2:見開きが死ぬ

ライトノベルの場合、イラストがあるんですが、

見開きサイズだと分割されてたり、

ヘタするとサイズが小さくなってたりします。

漫画なら小さい画像は拡大できるのですが、

ラノベは小説扱いなので拡大できません。

僕が知らない可能性もあります。

知ってる人助けて・・・

(追記にて解決)

 

短所3:たまに固まる

基本的にスムーズな操作ですが、たまに固まります。

再起動するんですがちょっと面倒だなと思っちゃいます。

 

短所4:お金を使いすぎる

実際にお金を払ってないし、物も増えてないせいか、

ガンガン買っちゃいます。

少年ガンガンじゃなくてたくさん買っちゃうって意味な。

Kindleに本が入ってないと嫌なのですぐにダウンロードしてしまいますね。

 

短所5:文字選択がシビア

文字選択する時にぐーっとドラッグするんですが、

E Inkはそこまでなめらかに動かないので思ったとおりに選択できない時があります。

 

短所6:E Ink独特の挙動

ページめくりの際には白黒反転したりします。

最初見た時は結構驚きます。

 

短所7:本の演出効果が無くなる

「ここで次ページだから・・・」などの工夫もなんのその。

こっちで変更できちゃうので、そういう演出効果は薄くなります。

 

短所8:欲しい本が無かったりする

化物語が読みたいのに無いんですよ…つらい…

 

今のところ思いつくのはこの程度でしょうか。

 

まとめ・感想

つらつらと挙げてみましたが、僕は大満足です!

いや本当に読書革命ですよね。

こんな楽しくなったのはMacBookAirを買った時以来ですよ!

短所も数は挙がってますけどあんまり気にならないので、

実際無いのと同じでしょう(?)

ちなみに僕は3G無しのタイプなんですが、

iPhoneのテザリングが使えるので、外で買いたくなった時は、

それで間に合います。

ただプロキシ設定もあればなと思いますね。

 

KPWを買って変わったことと言えば、

かなり読書の時間が増えました

買う量と読む時間が比例してますからね。

後、今まで手を出さなかったラノベも読んでますね。

 

そういえばKPWで面白いのは、

他の人がハイライトした箇所が「●●人がハイライト」と点線が引かれてること

ですかね。

ああみんなはここ重要と思ってるんだな、面白いんだな、と思いながら読むのも、

なかなか面白いものです。

 

ちなみにFacebookTwitterでのシェア機能もありますが、

僕はあまり使ってません。

 

他には…

あ、クレジットカードがないと買えないと思ってる人がいるかもしれませんが、

安心してください!

Amazonギフトカードで買えるので、

チャージしておけばそこから優先的に引かれていきます。

 

そういえば電子書籍は別に安くないです。

定価よりちょい安いか定価です。

 

今、勢いのままに書いて、思いつくのはこの程度でしょうか。

もっとまとまった記事にできればよかったんですが、

一週間しか使ってないので大目に見てください!

 

これから買うかどうか迷ってる人の参考になれば幸いです。

 

追記(13.11.06 02:42)

見開き画像が拡大できない件ですが、

画像ダブルタップで画像のみが表示され、

ピンチズームができるようになります!

通常時にピンチズームするとフォントサイズが変わるので注意