Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

森見登美彦

「夜は短し歩けよ乙女」や「有頂天家族」などなどの著者、森見登美彦の影響はヤバい。

何がヤバいのかと言うと、彼の文章を読みすぎているせいで、
書く文章を無意識のうちに、どことなく似せてしまうのである。
ただでさえ影響を受けやすい性格であるため、被害は甚大だ。
 
もちろんどの小説を読んだ後も影響はあるが、森見登美彦の織りなす文章は、
それはそれは独特なため、抜け出すのに骨を折る。
それにその世界観が面白いため、作品を読まないという手段に打って出ることも出来ない。
 
しかし、幸か不幸か彼の著作は有限であり、
私はあと少しで全て読み終えることが出来そうだ。
その時私の文章がどうなっているかは神のみぞ知る。