読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

MENU

 

【Googleの創立日?】創立日と誕生日のズレ【Doodle】

どうも、ジョンです!

今日9月27日はあのGoogleの18歳の誕生日!ということで、Googleのロゴが変更されました。

 

ロゴはこちら↓

f:id:ddss_msv:20160927001117j:plain

「G」がひたすら風船を膨らまし続けるアニメーションになっています。アニメーション自体はGoogleのトップページで確認してくださいね。

 

 

Googleの誕生日と創立日は別?

冒頭で今日はGoogleの誕生日と言いましたよね。でも、おかしいな。ロゴをクリックすると「Google の創立日」で検索されるのですが……

f:id:ddss_msv:20160927001440j:plain

こうなります。

 

そう、実はGoogleの誕生日と創立日は別なんです。

1998年9月4日は創立者であるラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンが、カルフォルニア州に会社の設立を申請した日。法的に正式な企業としての創立日は9月4日なんですね。

一方で1998年9月27日がGoogleの誕生日とされています。その理由は……です。色々と調べてみたんですが、なぜ創立日ではなく27日にしたのかはわかりませんでした。

Googleの検索エンジンとしてのサービス開始かなとも思ったんですが、それは会社になる前から始まっているので違いますしね。ご存知の方がいらっしゃればぜひお知らせ下さい。

 

自分の誕生日にお祝いしてくれる?

今日はGoogleの誕生日ですが、実はユーザーの誕生日の際にもロゴが変更されるらしいのです。

Googleのバースデーロゴと呼ばれるロゴですが、その誕生日の情報はどうやらGoogle+の情報をもとにしているようです。なので、Googleにも誕生日を祝ってほしい人は、登録しておくといいのかも。

 

18歳の企業が世界を変えている

それにしてもGoogleってまだ18歳なんですね。ITの進歩の早さを考えても、年数の割に驚異的な影響力を及ぼすようになりました。

僕らの生活のなかでもすでに欠かせない存在で、Googleのサービスを使わずに過ごせる人はほとんどいないんじゃないでしょうか。

検索はもちろん、ブラウザ、メール、地図、動画、音楽、クラウドストレージ、書類……便利すぎて正直Googleアカウント1つあれば、かなりのことができるといえます。Chrome OSを搭載したChrome bookなんてパソコンもあるくらいですしね。

 

あらためて、自分の日常にGoogleがどれほど浸透しているか実感させられます。ここで改めて、Googleがどんな企業なのか知っておくのも悪くない、というか知らなければいけない気がします。

さて、積んでた「グーグル ネット覇者の真実」でも読むとしますか!

 

それでは〜