Unread

Unread(未読)を既読に!オタク文化や青空文庫について書いています。

衝動買いが防ぐにはほしい物リストがいいぞ!

f:id:ddss_msv:20160217195747j:plain

 

どうも、ジョンです!

 

ネットショッピングって楽しいですよね(唐突)。

僕はもっぱらAmazonユーザーなんですが、

欲しいものリストでちょっと思うところがあります。

ほしい物リストにつっこんだら買わない問題

Amazonには「ほしい物リスト」という機能があって、

ちょっと気になる商品をこのリストにバンバンつっこんでいけるんですね。

嬉しい機能として「リストに登録してから価格が下がりました」とかも教えてくれますし、有名人とかならこのリストを公開することでファンに買ってもらうなんてこともできます。

 

例にもれず僕もこのリストよく使うんですけど、

 

まー、買わない!

 

本当に欲しいものは脊髄反射レベルでリスイン*1せず即購入しますし、

その当時金銭的に買えなかったものが収入や値下がりで買えるエリアに落ちてきても、

一旦ほしい物リストに入った商品は「本当にいる?」とストッパーがかかってしまうんですよ。

 

結局買わないならほしい物リストっていうのも考え物。

 

しかしどこからか声が……「逆に考えるんだ」。

 

あえてほしい物リストにいれて買わないというライフハック

ほしい物リストにいれると買わないなら、Amazonでありがちな、

衝動買いを食い止めることもできるってことです!

 

「お、これいいな」ポチー

 

という生活から、

 

「お、これいいな」→ほしい物リスト

後日「やっぱいらね

 

となるわけです。

 

衝動買いをする人は精査せず買ってしまう癖がついてるので、

リスインして一度冷静になってから改めて検討するという流れを自然につくれると思います。

 

ちなみにほしい物リストにいれる行為と購入する流れは、

「クリックして欲を頭から消す」という点で同じ。

 

単に後回しにして衝動買いを防ぐというパターンは、

欲を抑えて購入を遅らせる行為です。

これでは頭のなかで欲がぐるぐる残ったままですから、

結局欲に負けて購入してしまいがちです。

 

一方、ほしい物リストに入れる行為は、

欲を認めて購入を後回しにしているという流れなので、

購入する率がぐんと低くなるということだと思います。

 

何日経ってもまだ欲しいもの

それこそが本当に自分の欲しいものなんじゃないでしょうか。

 

ちなみに今日僕がリスインしたのは、これ。

引きこもってるといよいよ健康が心配なんでいいかなと思ってるんですが、

いかんせんニートにこの額はおいそれと出せるものじゃないのです。

そこでほしい物リストにいれたんですけど、

未来の僕はこれを果たして購入するのでしょうか……?

(購入したらレビューします)

 

おわり!

*1:リストにいれること